桃の木温泉の歴史

若女将
芦安の温泉は、古くから芦安鉱泉と桃の木鉱泉の二ヵ所があり、25度未満の冷鉱泉として湯治場に利用されていました。
沿革
明治2年 中澤金作が山小屋として開業
明治5年 大洪水で流される
明治22年 芦安村に調査に訪れた、御料局の鈴木民作が偶然、桃の木鉱泉を発見
明治38年 鉱泉湯治場として開業する
昭和63年12月 別館 山和荘 新築
平成17年 源泉湯宿を守る会入会 日本秘湯を守る会入会
平成21年12月 本館廃業 (※現在は、本館は取り壊されており、見ることは出来ません。)
桃の木温泉にいらっしゃった著名なお客様
河合奈保子さん

河合奈保子さん

昭和51年4月8日夜叉神登山 皇太子殿下

昭和51年4月8日夜叉神登山 皇太子殿下

平成9年7月30日御宿泊 金さん銀さん

平成9年7月30日御宿泊 金さん銀さん

平成17年8月19日御宿泊 高円宮妃殿下

平成17年8月19日御宿泊 高円宮妃殿下

2010年7月20日・8月4日 北陽 虻川美穂子様 撮影スタッフの皆様

2010年7月20日・8月4日 北陽 虻川美穂子様 撮影スタッフの皆様

2010年7月20日・8月4日 北陽 虻川美穂子様

2010年7月20日・8月4日 北陽 虻川美穂子様

パンフレット
パンフレット
パンフレット
パンフレット
パンフレット
パンフレット
↑